【母乳育児のススメ】-乳腺炎について-


sponsored link

   第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
sponsored link


母乳育児を目指す方にとって、乳腺炎は恐いものです。乳腺炎とはどんな症状か、またどうすれば予防できるのか説明していきます。

出産前後で発症する乳腺炎には、大きく2種類あります。1つは乳腺に細菌が入り込み炎症を起こしてしまう「化膿性乳腺炎」と、もうひとつは母乳が固まって乳管が詰まってしまう「うっ帯性乳腺炎」があります。顕著な痛みと共に乳腺が赤く腫れてしまう症状が起きます。うっ帯性乳腺炎であれば、患部を冷却した後マッサージでほぐし搾乳して大抵治すことが出来ます。しかし、症状が悪化して細菌が入り込み化膿性乳腺炎になってしまう場合もあるので注意が必要です。乳腺炎は抗生物質を投与したり、患部を切開して排膿しなければ治らないケースも存在します。
化膿性乳腺炎を予防する為には、まず第一に乳房を清潔に保つことです。細菌は乳輪や乳頭から入ってくるので、特に乳首周辺はきれいな状態を保っておくことが重要です。
うっ帯性乳腺炎を予防するには、授乳間隔を空けないことが基本です。赤ちゃんが飲まなかったり飲んでも少量だったりする場合は搾乳して、乳房に乳汁を溜めないようにしましょう。


⇒ 母乳育児に大切な環境作り
⇒ 母乳育児のススメTOPへ

sponsored link

【母乳育児のススメ】  All Rights Reserved  サイト内の画像・文章等の無断使用を一切禁止します。