【母乳育児のススメ】-母乳不足解消の為のマッサージ法-


sponsored link

   第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
sponsored link


母乳が少ない、出ないなどでお悩みの方は数多くいます。
実は母乳不足は誰にでも起こり得ます。母乳が普通に出ていても、赤ちゃんの成長に母乳だけで追いつかないのであれば母乳不足と言えます。さらに言えば、量でなく母乳の栄養が足りてない場合も含みます。短期間で母乳不足だとは言い切れませんが、赤ちゃんの顔色が悪くなってきたり、生後すぐであれば体重が一向に増えないなどで見極めます。
そんな母乳不足には効果的なマッサージが存在します。乳腺について説明したとおり、授乳中は乳腺を傷付けないよう気を付けないといけません。乳房は揉まないようにしましょう。

乳房のマッサージは乳房の根元の形に添って周りを親指の第一関節で軽くなでたり、乳房を手のひらで下から支え持ち円を描くように優しく回したりするのが効果的です。これで母乳の生成量を増加させます。マッサージといっても強くしないよう注意してください。乳房は思っている以上にデリケートです。
乳首のマッサージは片方の手で下から乳房を支え、乳輪及び乳頭をつまんで回しながら揉みます。残った母乳が固まり硬くなってしまいがちな乳首を軟らかくして、赤ちゃんが吸いやすい乳首にします。続けて行えば母乳不足から悩まされることはきっとなくなるでしょう。
ただし乳腺炎の可能性がある方や、乳首に傷がある方は悪化する恐れがある為、控えてください。


⇒ 母乳育児に効果的な食事法
⇒ 母乳育児のススメTOPへ

sponsored link

【母乳育児のススメ】  All Rights Reserved  サイト内の画像・文章等の無断使用を一切禁止します。